2009年04月08日

イランイラン

イランイラン


学名:Cananga odorata
科名:バンレイシ科
種類:木本
抽出部位:花
抽出方法:水蒸気蒸留法
ノート:ミドル〜ベースノート
支配星:金星?

○芳香の特色○
フローラルでエキゾチックな、甘く重い香り

○植物としての特色○
イランイランノキという熱帯の樹木には、花の色がピンク・藤色・黄色の種類があるが、黄色の花を蒸留してとった精油のほうが、それ以外よりも品質が優れている。この花から最初に抽出した精油が、最上の品質のもの。

○歴史と神話○
イランイランというのは、『花のなかの花』という意味のマレー語の「アランイラン」から由来。香料の木としても有名。
インドネシアには、新婚のカップルが夜をすごすベットにイランイランの花をまき散らす美しい風習があります。(催淫作用を尊重した習慣)
ときどき『貧乏人のジャスミン』と呼ばれるが、高級な香水にも広く使われている。

○成分○
安息香酸・ファルネソール・ゲラニオール・リナロール・酢酸ベンジル・オイゲノール・サフロール・カジネン・ピネン

●注意すること●
過度に用いると、頭痛や吐き気に襲われる。敏感な肌に刺激してしまうことがあり、炎症を生じた肌には、使用しない。

すごく濃厚な香りなので好き嫌いがはっきりする香りかも!!
私は、すごく好き!柑橘系の精油とよく合う!!

posted by きら at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。